膝の痛みのメカニズムとは?

膝が痛む回数が増えたけど、思いませんか? なぜこの膝が痛むんだろう?って。つまり、膝の痛みのメカニズムとその原因がわかれば、痛みが軽減できるのではないかと考えたのです。こちらの記事では、膝の痛む原因とメカニズムを、徹底的に検証してみました!

膝が痛いランナー

あなたの膝の痛みの原因は?

あなたは膝が痛みますか? 腫れていますか? そして、その痛みの原因は何だと思いますか? 特に中高年、40代・50代になると関節痛に悩む人が増えてくる傾向にあります。今回は、加齢はもちろん、スポーツのし過ぎやO脚、X脚などの原因について解説したいと思います。

加齢によるもの

歳を重ねていくと、コラーゲンやグルコサミン、ヒアルロン酸など膝の軟骨成分が減ってくるため、関節軟骨がすり減ったり変形したりします。個人差もあり、すべての人がそうなるとは限りませんが、なりやすくなってしまうことは避けられない事実です。

スポーツのしすぎによるもの

ジョギングやジャンプなど、膝に負担がかかるスポーツを続けることで、場合によっては膝に慢性的な痛みが生じることがあります。もちろん適度な運動は大切なことですが、いわゆる「使い過ぎ症候群」とも言われ、膝に致命的な問題が発生している場合があるので注意が必要です。

O脚・X脚によるもの

女性に多いといわれるO脚やX脚。生まれつきの変形や病的な変形、そして脚を組むくせなど後天的な習慣によるものなどの原因が考えられますが、いずれにしても放置しておくと膝に痛みが生じる場合があります。なぜなら、膝関節同士が本来とは違う場所でこすれるから。ストレッチや装具によって改善する場合もあるので医師に相談しましょう。

これが、膝の痛みのメカニズム

膝の構造や痛む理由は、ふだんはわからないものです。そこで今回は、膝の構造を交えつつわかりやすく紹介します。ぜひ、ご参考にしてください。

第1段階・・・歩くとがくっとしたりこわばる

歩き始めや、椅子から立ち上がろうとしてたときにがくっとしたり、こわばる感じがします。
膝の痛みのメカニズム1

第2段階・・・階段がつらい

階段の上り降りをする際に、痛みを感じます。
膝の痛みのメカニズム2

第3段階・・・ふだんの歩きがつらい

ふだん歩いているときにも痛みを感じるようになります。
膝の痛みのメカニズム3

第4段階・・・杖なしに歩けない

常に痛みがあり、杖や手すりなしには歩けなくなります。
膝の痛みのメカニズム4

治療以外で、膝をケアする方法はこれ!

それでは、治療以外で日頃からふだんの生活の中で膝をケアする方法はあるのでしょうか。症状によってもケアは違ってきますが、ここではその基本的な方法について紹介したいと思います。

サプリメントを日頃から活用しましょう

膝の痛みが習慣的に来ないようにするために、コラーゲンなど膝にいい成分を含むサプリメントを日常的に摂取することをお勧めします。将来、膝痛で病院へ行かなくて済むようにするためには、日頃からのケアが大切です。もちろん、健康を保証するものではありませんが、非変性Ⅱ型コラーゲンなどきちんとした成分を選べば効果期待できると思われます。サプリメントのよさは、なんと言っても効率の良さと習慣にできる点。痛みのことを思えば、できるかもしれませんね。

サポーターでやさしく

サポーター

膝の痛みの状態にもよりますが、薬も投与しているという前提で解説しましょう。膝用のサポーターを使うことで、適度に圧迫を加えたり固定したりして安定感を得られます。また、磁石や保温効果によって血行が良くなり、栄養や酸素が行き渡ることになります。ただ、時々サポーターを外して軽い運動をしましょう。

まとめ

膝の痛みのメカニズム、ご覧いただいていかがでしたでしょうか。怖いと思いましたか? でも逆に、その怖さをきちんと知った上できちんと対処すれば、怖くありません。知らないことが一番怖いのです。日頃のケア、続けましょうね。

公開日:
最終更新日:2016/11/16