機能性表示食品の基礎知識

サプリメントを試したいけど、最近は特定保健用食品(以下、トクホ)や栄養機能食品、機能性表示食品などいろんな種類があるため、どれが一番自分に合っているのかわからないという方は多いのではないでしょうか。そこでこちらでは、いま注目されている機能性表示食品についてわかりやすくご紹介したいと思います。

機能性表示食品とは

最近、サプリメントなどでよく見たり耳にしたりする「機能性表示食品」。『そもそもどんなものだろう?』と思いませんか? ひとことで言えば、「事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品」のことなのです。では、その内容を詳しく説明しましょう。

「機能性表示食品」の制度

以前までは、機能性を表示できる「保健機能食品」には、国が審査して個別に許可した「トクホ」と、ビタミンやミネラルなどの含有量などを国の規格基準に適合させれば表示できる「栄養機能食品」の2種類しかありませんでした。しかも、トクホは国の審査が厳しいために巨額の費用と2年ほどの時間がかかっていました。そこで、平成27年に開始されたこの制度の基本的な特徴は、機能性をわかりやすく表示することで消費者が商品の正しい知識を得て、商品の選択肢を増やせるということを前提にしているのです。

消費者のメリット

機能性表示食品が導入されたことで、機能がわかりやすく表示されるようになって情報が増えるので健康食品を選びやすくなることが期待できるのです。つまり、以前までは具体的な表現ができなかったために、科学的な根拠よりもイメージが先行しがちでしたが、この制度にイメージよりも本来重視されるべき機能と質に目が向けられるようになったのです。

トクホ、栄養機能食品との違い

制度 手続き 対象 表示
特定保健用食品(トクホ) 事業者の研究結果を国が個別に審査し許可する 飲料、加工食品、サプリメントなど 「消費者庁許可」のトクホマークがつく
機能性表示食品 事業者が科学的根拠を示した論文などの書類を国に届け出て不備がなければ受理 トクホの対象に加え、野菜など生鮮食品も対象 事業者の責任で機能を表示
栄養機能食品 ビタミンなど17成分について含有量など国の基準を満たせば国に申請せず表示可能 飲料、加工食品、サプリメントなど トクホや機能性表示食品と比べて表現が限定的

もっと知りたい!機能性表示食品

それでは、機能性表示食品のパッケージなど、もっと詳しく見ていきましょう。

パッケージ表示の見方

パッケージのオモテ面でのチェックポイント

パッケージ表

パッケージのウラ面でのチェックポイント

パッケージ裏面

安全性や機能について

安全性について

機能性表示食品に関しては、安全性の確保を前提として科学的根拠に基づいた機能性が事業者の責任において表示されるもので、消費者が混同しないように適正に表示されます。トクホや栄養機能食品のように国が審査するものではありませんが、国へ届け出られた情報は消費者庁のウエブサイトで正確に公開されています。

機能性、管理、情報収集について

安全性の評価 今まで広く食べられていたかどうかの食経験、安全性に関する既存情報の調査、動物や人を用いての安全性試験の実施、医薬品との相互作用になどについても評価されます。
機能性の評価 最終製品を用いた臨床試験、最終製品又は機能性関与成分に関する文献調査(研究レビュー)、「どのような科学的根拠に基づいて」「どのような人が」「どのように摂取すると」「どのような機能性があるのか」が明らかにされます。
生産・製造・品質の管理 以下のような体制を整えることになっています。

加工食品の場合、製造施設、従業員の衛生管理体制、生鮮食品の場合、生産・採取・漁獲などの衛生管理体制、規格外製品の出荷防止体制、機能性関与成分の分析方法 など

健康被害の情報収集体制 消費者、医療従事者などからの連絡を受けるための体制が整えられています。パッケージに事業者の連絡先(電話番号)が必ず表示されています。

消費者として気になるのはやはり、効果に直結する「機能」と生産などの品質「管理」、そして万一の健康被害があった際の「情報収集」体制だと思います。機能性表示食品では、この一覧表のようにきちんとした体制が確立されているので安心です。

消費者として気をつけること

では、実際に機能性表示食品を買う消費者としてどのようなことに注意すればいいのでしょうか。大切なことだけをまとめてみましたので、これから機能性表示食品を選ぶ時の参考にしてください。

正しい知識をもちましょう

まずは、この記事にあるような保健機能食品の3つの区分けを知っておきましょう。その上で、今手に取った商品がどれに属するかを確認しましょう。

表示をしっかりみましょう

期待される効果に関しては、キャッチコピーに惑わされず、冷静に観ましょう。その上で、原材料、成分の種類、含有量、利用上の注意などをしっかり確認して、納得した上で正しく摂取しましょう。

体調の変化を記録しましょう

利用を始めたら体調の変化に気を配るようにして、体調に異変を感じた場合にはすぐに摂取をやめて医師に相談しましょう。また、健康被害が発生した場合はパッケージに表示されている業者の電話番号に連絡してください。

基本的な健康づくりを実践しましょう

商品に頼るのではなく、食生活や運動習慣などのバランスをとるようにしましょう。言うまでもなく、機能性表示食品はたくさん摂取すれば効果が高くなるものではありません。まずは、日頃の健康作りに主眼をおきましょう。

まとめ

いかがでしたか? 機能性表示食品についての基礎知識をご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか? 詳しい内容は消費者庁のウエブサイトに掲載されていますので、ぜひお読みください。

 

公開日:
最終更新日:2016/07/06